2019年10月17日
Breaking News

クリニックへの転職を検討中の方へ

クリニックで働きたいと望む看護師はとても多いようです。
しかし、クリニックに転職したいなら、いくつかのコツを把握しておくべきです。
なぜなら、クリニックはたくさん存在しており、看護師として満足度の高い仕事をしようとしたら、転職先のクリニックを慎重に選択しなければ、ミスマッチが起きるからです。

そこでまず、希望の専門科を明確にすることが大切になります。
多くのクリニックは、専門科を限定して開業しています。
内科や小児科の他にも、心療内科や皮循環器科や皮膚科など、診療科は多岐にわたります。
そのため、自分に最適と思われる診療科を選ばなければならば、やり甲斐を持って働くことができなくなるので、適性について十分に考慮すべきです。

それから、転職先を探す場合には、診療科以外にも雇用形態に注目して調べてみてください。
クリニックの中には、看護師の労働形態を限定しているところも見受けられます。
常勤以外にも、パートや臨時職員の募集も行われており、それぞれの労働形態によって、仕事内容や勤務時間、報酬が異なるため、あらかじめ希望を明らかにしておくことも重要です。
常勤の看護師なら責任のある仕事を任せてもらえるので、クリニックであってもスキルアップは可能ですが、パートや臨時職員になるとそうはいきません。
ただし、短時間勤務が可能になるので、ワークライフバランスを重視したい人にとっては魅力的かもしれません。